踊るくまモン

価格:3,788円
(2018/5/27 13:45時点)
感想(0件)



ワールド・モン KUMAMON IN THE WORLD [ くまモン ワールド・モン製作委員会 ]

価格:1,500円
(2018/5/27 13:45時点)
感想(1件)

【JR九州肥薩線】SL人吉

2018年5月

トップページ乗って楽しいおすすめ列車>JR九州「SL人吉」

「SL人吉」は、熊本から八代を通り球磨川沿いの眺めが素晴らしい肥薩線を走り人吉まで運転されるSL列車です。
機関車は1922年(大正11年製)の58654号機(8620形)で、製造から100年近くたつものです。
客車は一般型の50系客車を水戸岡鋭治氏デザインに改造したものです。
ウエスタン風の内装で、編成の両端には展望ラウンジが、2号車にはビュッフェもあり、客車だけでも楽しめます。
普通乗車券の他にSL指定券大人820円、子供410円が必要です。(JRみどりの窓口で購入可)
また、同区間を含む指定席特急券がついている切符の中には、SL人吉に限り別途指定券が必要なものもあるので要注意です。(肥薩線のんびりきっぷ等)

JR九州の列車たち(JR九州のサイト)


SL人吉
8600形ナンバープレート
人吉で発車を待つSL人吉。

機関車8600は大正11年生まれの大ベテラン。





SL人吉
SL人吉客車
機関車の炭水車後尾に機関車の説明書きが記されている。

客車は50系改造の3両編成。





いさぶろう・しんぺい
SL人吉
木製のボックスシートが並ぶ。

照明もレトロな感じ。





SL人吉
SL人吉
車内はウエスタン風で、カウボーイでも出てきそうな雰囲気だ。












SL人吉
SL模型のショーケースもある。

名産品のショーケース。





SL人吉
霧島連山
編成の両端には展望スペースがあり、 最後尾からは後方展望が楽しめる。

先頭からは機関車の炭水車の後部が見え、機関車に引っ張られているのを実感できる。





SL人吉
矢岳駅のD51
ビュッフェもあり、軽食や各種飲物、グッズや名産品を購入できる。

絵本などの本を置いてあるコーナーもある。





SL人吉
肥薩線白石駅
八代〜渡は球磨川が寄り添い、様々な表情の球磨川を堪能できる。

肥薩線の主な駅では5分から10分程度の停車時間があり、駅を満喫できる。写真は年季の入った肥薩線白石駅。









関連ページ


九州新幹線・山陽新幹線N700系

九州新幹線800系
JR九州肥薩線「いさぶろう」「しんぺい」
JR九州肥薩線「はやとの風」