小湊鉄道「里山トロッコ」【2017年8月】


トップページ乗って楽しいおすすめ列車>小湊鉄道「里山トロッコ」

「小湊鉄道」は、千葉県の内房線「五井(ごい)」から房総半島内陸部の「上総中野」を結ぶ非電化の私鉄です。

上総中野からは外房線の大原を結ぶ「いすみ鉄道」が出ていて、両社を使って房総半島横断ができます。

その小湊鉄道のうち、五井から約30分の「上総牛久」から上総中野の1駅手前の「養老渓谷」を土休日中心に運転されているのが「里山トロッコ」です。

その名の通りトロッコタイプの客車で運転されていて、4両編成のうち2両が窓有りの一般的な客車ですが他の2両は窓のないオープンタイプの車両で、自然の風を浴びながら走ることができます。

乗車には普通乗車券の他にトロッコ券500円が必要で、小湊鉄道のサイトから予約ができるほかに空席があれば該当列車の発車時刻近くに五井、上総牛久、養老渓谷の各駅でトロッコ券が購入できます。(上総中野は無人駅なので販売していません)

トロッコ券購入の際に窓有りか窓無しの車両は選択できます。


牽引する機関車はエンジンの付いたディーゼル機関車ですが、外見を蒸気機関車に見立ているのがユニークです。


ノンビリしたローカル線を走る約1時間の旅で、車内放送による観光ガイドも行われます。


小湊鐡道のサイト

里山トロッコ
里山トロッコ
養老渓谷よりの機関車は蒸気機関車のようだがエンジンがついたディーゼル機関車です。

上総牛久行きの場合はこちらが先頭で運転します。





里山トロッコ
里山トロッコ
里山トロッコが走っていない区間ではディーゼルカーの普通列車を利用します。

ディーゼルカーも50年ほどたち、かなり年季の入った車両ばかりです。





里山トロッコ
里山トロッコ
編成の両端は窓有りでエアコンもあります。

真ん中の2両は窓無しで開放的な気分が味わえます。





里山トロッコ座席
里山トロッコ天井
ベンチの様な座席がユニークです。

天井はガラス張りで空も眺められます。





里山トロッコうちわ
里山トロッコタブレット
夏場はうちわの貸し出しもあります。

途中「里見」に停車。今では珍しいタブレット交換を行う区間があります。





里山トロッコ機関車
里山トロッコ運転台
可愛らしい機関車です。

外見はレトロだが運転台は近代的。





里山トロッコヘッドマーク
里山トロッコサボ
ヘッドマークもあります。

普通列車同様のサボもあります。





トロッコ券


乗車にはトロッコの整理券500円が必要です。






おすすめのキップ

【小湊鐡道・いすみ鉄道】房総横断乗車券