JR九州肥薩線「はやとの風」【2018年5月】


トップページ乗って楽しいおすすめ列車>JR九州「はやとの風」

2004年3月の九州新幹線・新八代〜鹿児島中央開業にあわせて日豊線・肥薩線の鹿児島中央〜吉松にデビューした観光特急。

鹿児島中央を出ると錦江湾や桜島といった鹿児島らしい景色を眺め、隼人からは肥薩線に入り、途中の明治36年からの駅舎が残る嘉例川・大隅横川にも少し長めに停車して駅めぐりも楽しめます。
吉松からは人吉方面の観光普通列車「しんぺい」「いさぶろう」に接続し、肥薩線の旅を楽しめます。

特急なので乗車券とは別に特急券が必要で青春18きっぷなどでは乗車できません。
指定席がメインですがわずかに自由席もあります。


JR九州の列車たち(JR九州のサイト)


はやとの風
はやとの風
一般型気動車の改造だが漆黒のボディが鹿児島らしい。

窓の大きい展望スペースもある。





はやとの風座席
はやとの風座席
座席は特急型らしくリクライニングシート。(2号車)

木を多く使われ旧型客車を思わす室内





はやとの風
はやとの風
座席には収納式のテーブルも設置してある。

木を多く使われ旧型客車を思わす室内





はやとの風1号車
N700系自由席
1号車は2号車と比べて明るい配色になっている。

1号車の車内









はやとの風
はやとの風
外に向いた展望スペースもある。

絵画や記念撮影用の制帽もある。





錦江湾と桜島
隼人
鹿児島を出ると錦江湾と桜島が見え、鹿児島らしい光景になる。

隼人からは肥薩線に入る。





嘉例川駅
嘉例川駅天井
明治36年(1903年)開業当時の姿を残す嘉例川駅。

5分前後停まるので駅見物も可能だ。

天井も風格ある





大隅横川駅
大隅横川駅銃撃跡
同じく明治36年開業の大隅横川駅。分校風の建物と丸ポストが風情ある。

大隅横川駅ホームには戦時中に銃撃を受けた銃痕がある。戦争も乗り超えてきた証だ。