【近鉄南大阪線】青の交響曲(シンフォニー)

2018年10月

トップページ乗って楽しいおすすめ列車>青の交響曲

青の交響曲(シンフォニー)は、近畿日本鉄道南大阪線の大阪阿倍野橋から桜の名所である吉野を結ぶ観光用特急車両です。
3両のうち両端の1号車と3号車はデラックスシート、真ん中の2号車はラウンジ車両になっています。
外装・内装共に大人のイメージがするデザインです(もちろん子供も楽しめます)
バーをイメージしたラウンジ車ではスイーツなどの軽食やお酒の飲み比べなども楽しめ、全区間約1時間16分の乗車ながら充実した時が過ごせます。

特急料金はデラックスシートの扱いなので、
大阪阿倍野橋〜吉野が大人720円子供370円(特急料金+特別車両料金)
プラス乗車券で利用できます。

基本的に水曜日は運休で、代わりに一般の特急車両で運転します。(他にも車両の都合により運休の場合あり)





青の交響曲
青の交響曲ロゴ
紺の車体に金の帯が上品な感じを出している。近鉄の一般車からの改造なのでその面影がある。

車体正面や側面にはエンブレムもある





青の交響曲ボックスシート
青の交響曲2人向い合せ
座席の一部は4人向い合せのサロン席で3〜4人での発売になる。

2人向い合せのツイン席もあり、2人でも発売になる。サロン席・ツイン席共にネットでの特急券発売は行っていない。





青の交響曲車内
青の交響曲1人掛け
他の座席は2列+1列の配置になっている。内装もかなり品がある。

1人席の端はテーブルが置かれ、書斎の様な雰囲気が味わえる。

青の交響曲ライブラリー
青の交響曲ライブラリー
2号車にはライブラリーがあり、公園の様なベンチが置かれている。

奈良県にちなんだ本などが置いてある。





青の交響曲ラウンジ
青の交響曲バーカウンター
2号車はフリースペースのラウンジでホテルを思わす。

バーカウンターもあり、スイーツなどの軽食やお酒類も注文できる(Suicaなどの電子マネーは使えない)





青の交響曲柿の葉寿司
青の交響曲お手洗い
注文した柿の葉寿司と吉野梨ジェラート。

多目的トイレも備えている。





関連ページ

近鉄週末フリーパス
【近鉄・名古屋、難波、京都〜賢島】伊勢志摩ライナー
【近鉄・名古屋、難波、京都〜賢島】しまかぜ
【近鉄・大阪阿部野橋〜吉野】さくらライナー
【近鉄・近鉄名古屋〜大阪難波】アーバンライナー