【会津鉄道】お座トロ展望列車

2018年7月

トップページ乗って楽しいおすすめ列車>お座トロ展望列車

「お座トロ展望列車」は、会津若松から芦ノ牧温泉や湯野上温泉を通り会津田島へ至る会津鉄道の観光列車です。

2両編成で1両はオープンタイプのトロッコ車両、もう1両が掘りごたつタイプのお座敷と展望車がになっています。

4月〜11月の土休日中心に会津若松発会津田島行きが1日2本、会津田島発会津若松行きが1日1本運転しています。

普通乗車券の他にトロッコ整理券大人310円子供150円が必要で、JR東日本駅のみどりの窓口や主な旅行会社、車内で購入できます(定員制のため満席の場合あり)

車内にはポストや売店もあり、また、鉄橋などの絶景区間では徐行や一時停止も行っています。ポストや

会津鉄道のページ


お座トロ展望列車
お座トロ展望列車
黒い顔が印象的なトロッコ車の正面。

芦ノ牧温泉駅の駅長猫「ばす」が車体に描かれている。





お座トロ展望列車
お座トロ展望列車
オープンタイプのトロッコ車は自然の風を浴び、トンネルでは特に涼しい。

遊園地の乗り物のような車内。





お座トロ展望列車
お座トロ展望列車
トロッコ車には売店とポストがあり、実際に投函が出来る。

車内にも「ばす」の足跡が。





お座トロ展望列車
お座トロ展望列車
展望車の正面。

トイレには「八重の桜」新島八重のマスコットキャラクター「八重たん」がいる。

お座トロ展望列車
お座トロ展望列車
お座敷でゆっくりくつろげる。

展望車は特急タイプの快適な座席。





お座トロ展望列車
お座トロ展望列車
会津若松よりに展望車があるので、会津若松発では後方展望になる。

鉄橋など絶景区間では一時停止する。





関連ページ


【JR東日本・関東、甲信越、南東北】週末パス

【JR東日本磐越西線】ばんえつ物語

【東武鉄道・下今市〜鬼怒川温泉】SL大樹