【JR西日本】北陸トライアングルルートきっぷ

トップページオトクなきっぷ一覧>北陸トライアングルルートきっぷ

様式
2017年5月6日








解説
値段:大人2,800円、子供:1,400円
有効期間:連続する2日間
利用可能日:平成31年3月31日利用開始まで(販売は平成31年3月31日まで)

発売箇所:北陸地区のJR西日本みどりの窓口・指定券券売機
IRいしかわ鉄道及び、あいの風とやま鉄道主要駅
のと鉄道穴水駅

金沢から旧北陸線であるIRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道を通り高岡までと、高岡から分岐するJR氷見線とJR城端線、そして能登半島のJR七尾線とのと鉄道(津幡〜七尾〜和倉温泉〜穴水)、高岡〜七尾〜和倉温泉の加越能バス(わくライナー)が2日間乗り放題の切符。

金沢〜和倉温泉が片道1,380円なので、のと鉄道に乗れば元が取れてしましまいます。

北陸新幹線には乗れませんが、フリー区間の特急列車や特別料金が必要な列車は、該当料金を支払えば乗車できます。
のと鉄道の観光列車「のと里山里海」号を利用するときは、電話予約の際に北陸トライアングルルートきっぷを使う旨を伝えれば、700円の特別料金で予約・発券します。

利用開始当日も購入出来るので、他方からの旅行にも便利です。

北陸トライアングルルートきっぷ用の「のと里山里海号」のキップ。
電話予約をし、当日にのと里山里海に乗車した際に料金と引き換えに渡されます。


JR西日本七尾線「花嫁のれん」【2017年5月】


雨晴駅を出る氷見線【動画】


金沢駅に発着する様々な車両たち【動画】