k

>JR全線全駅下車の旅 [ 横見浩彦 ]

価格:750円
(2017/2/18 21:47時点)
感想(5件)







【送料無料】ドラマ 鉄道むすめ 〜Girls be ambitious!〜東京モノレール・駅務係 羽田あいる starring 遠藤舞/遠藤舞[DVD]【返品種別A】

価格:3,693円
(2017/4/25 23:59時点)
感想(0件)









【JR東日本・東京地区】休日おでかけパス


トップページオトクなきっぷ一覧>休日おでかけパス

様式
2016年9月10日
休日おでかけパス


解説
値段:大人2,670円・子供1,330円
利用可能日:土休日・4月29日〜5月5日・7月20日〜8月31日・12月29日〜1月3日の1日間
発売箇所:フリーエリア内のJR東日本主要駅のみどりの窓口・指定券券売機


利用可能日に
・東京近郊のJR東日本線(券面の路線図内)
・東京モノレール(浜松町〜羽田空港)
・東京臨海高速鉄道りんかい線(大崎〜東京テレポート(お台場)〜新木場)
が1日乗り放題のフリー切符です。

東京〜小田原のJR東日本線片道が1,490円なので、単純往復でも元が取れてしまう。
また、東京モノレールも利用できるので、羽田空港への送迎や日帰り旅行にも便利です。
例えば、熊谷〜浜松町が片道1,140円、浜松町〜羽田空港第2ビルが片道490円なので、熊谷〜羽田空港往復で590円オトク♪
休日の東京郊外の日帰り鉄道旅行には最適な切符です。

新幹線・特急・指定席・グリーン車等を利用の場合は別途該当料金が必要です。
東海道新幹線はJR東海なので利用できません。^^;

【単純往復の場合元が取れる区間(抜粋)】
東海道線:東京〜小田原
中央線:東京〜大月
高崎線:上野〜本庄
宇都宮線:東京〜小山
常磐線:川崎〜土浦 など

JR東日本のサイト
JR東日本トップ>駅・鉄道/旅行・観光>きっぷ案内>おトクなきっぷ(「休日おでかけパス」で検索)


【動画】指定券券売機での購入方法(JR川越駅)【2017年9月】
駅や機種によってやり方は異なります。


休日おでかけパスの応用

休日お出かけパスは、フリーエリアを乗り降りすることによってお得感が増しますが、フリーエリア外に出かける場合でも、正規の運賃よりも安上がりになるケースがあります。

例:東京〜高崎往復

東京山手線内〜高崎は片道1,940円、往復3,880円です。(ICではなく切符の場合)
そして休日おでかけパスは高崎線では埼玉県北端の神保原(じんぼはら)まで行けます。
なので、神保原〜高崎の運賃を別途支払えば高崎まで行けます。
よって
休日お出かけパス:2,670円
神保原〜高崎片道240円:往復480円
計3,150円で東京〜高崎が往復できます。

横浜や小田原や千葉など、フリーエリア内なら同じ額なので、遠ければ遠いほどお得です。

★東京駅から高崎線で高崎を往復する場合の乗車方法★
往路
・東京駅から休日おでかけパスを使って改札に入場して高崎線に乗りこむ。
・高崎到着後、高崎駅の改札で休日おでかけパスを見せて神保原からの運賃240円を精算する。
※神保原→高崎の乗車券は指定券券売機でも購入できますが、神保原駅で降りずにそのまま高崎駅の自動改札を通ると入場記録なしで改札が閉じてしまう恐れがあるので要注意。
その場合は有人改札で休日おでかけパスを見せて神保原〜高崎の乗車券を改札に出します。



復路
・高崎→神保原の乗車券を購入して高崎駅に入場します。
・そのまま高崎線に乗りこみ、フリーエリアに入ったら休日おでかけパスで改札を出ます。

【注意】
八高線で高崎へ行った場合は寄居〜高崎の運賃になり、少々高くなります。


例:東京〜伊東往復

東京山手線内〜伊東は片道2,270円、往復4,540円です。(ICではなく切符の場合)
そして休日おでかけパスは東海道線では小田原まで行けます。
なので、小田原〜伊東の運賃を別途支払えば伊東まで行けます。
よって
休日お出かけパス:2,670円
小田原〜伊東片道670円:往復1,340円
計4,010円で東京〜伊東が往復できます。

大宮、熊谷、小山、土浦、千葉など、フリーエリア内なら同じ額なので、遠ければ遠いほどお得です。

利用方法は上記の高崎往復の場合とほぼ同じです。

【注意】
小田原〜伊東の区間では途中下車(改札を出る)できません。(熱海など)






こちらでの説明はあくまでも個人の体験として参考程度に読んでいただき、実際に旅行されるときは、時刻表やJR東日本に問い合わせなど最新で正式な決まりを確認願います。(^-^;


関連ページ

秩父路遊々フリーきっぷ【秩父鉄道】
竜鉄コロッケ☆フリーきっぷ【関東鉄道竜ヶ崎線】